中学・高校 校務システム

システム概要

高度情報通信ネットワーク社会が進展していく中で、子どもたちが、コンピュータやインターネットを活用し、情報社会に主体的に対応できる「情報活用能力」を育成することは非常に重要であり、各教科等の授業の中で実践されていることと思います。

そんな中、校務システムに関しては未だ手付かずの学校がまだまだ多いようです。 生徒の情報活用能力を育成することと同様に先生方も効果的な情報活用をできる仕組み作りが急務であると考えます。

今回ご提供させていただく『Step教務システム 中学校・高等学校版(校務システム)』は、学校においての教育の効率と質を高めるべく開発した校務ソフトウェアです。 本システムの導入を機に職員室ネットワークを構築し職員間のコミュニケーション、情報共有、 共同作業のための強力なツールとしてご活用いただければと弊社では考えています。

Step教務システム全体像イメージ

校務システム詳細

  • 履修成績
    • 履修
    • 定期試験・欠課時数の管理
    • 観点別評
  • 学籍管理
    • 出欠席管理
    • 指導要録・調査書
    • 進級処理



特徴的な校務システムの仕組み

リストイメージ学年制と単位制の切り分け

本校務システムは、初期設定により「学年制の運用」または「単位制の運用」を選択可能なシステムとなっています。
学年制の運用
学習内容がその学年で設定されています。
留年生の成績は、進級処理を行う際に無効になります。

単位制の運用
留年しても、修得した単位は無効にはならず、
修得単位として認められ指導要録や調査書に反映されます。
コンピュータムーブ ロゴ 会社概要 | サイトマップ | このサイトについて | 問い合わせ |  ©2005 Computer MOVE Co.,Ltd.