宝飾業RFIDシステム

RFID(Radio Frequency Identification)とはタグ・ラベル・カードの中の電子回路に書き込まれた情報を、電波・電磁波で読み取り・書き込みするシステムの事を指します。もとは流通業でバーコードの代わりとして開発された技術ですが、現在では多くの業種、官公庁などでも幅広く活用され、今最も注目される次世代技術の一つとなっています。

宝飾業界において商品の持ち出し・委託・棚卸作業は多くの時間がかかり、悩みの種ではないでしょうか? RFIDタグの導入によって、従来多くの人手や時間を費やしていた在庫把握や、持ち帰り処理から精算処理(売上・委託処理)の流れをスムーズにし、業務の高速化や商品の取り違いを防ぐことによる効率化を図ることができます。業務効率全体としては、10倍以上の効果が期待できると言っても過言ではありません。

宝飾業におけるRFID導入メリット


棚卸処理の高速化

   
ポインタRFIDタグの回収が100%
矢印
ポインタRFIDタグコストの低減 RFIDタグ
ポインタ棚卸、持ち出し作業
矢印
ポインタ10倍以上の業務効率アップ
     
システム導入後の効果・メリット
値札タグ内にRFIDを導入することにより、商品の一括読み取り(入力)が可能となり持出処理の高速化が図れます。
また、帰社後の持出処理から精算処理(売上・委託処理)までスムーズに行うことができます。

持出・持帰処理
持出・持帰処理(概要)

値札タグ内にRFIDを導入することにより、商品の一括読み取り(入力)が可能となり持出処理の高速化が図れます。
RFID内に固定シリアル(世界で1つしかない番号)が付与されており、棚卸作業時の二度読みを行ったとしても二重計上されないシステム構築が可能です。

 

棚卸処理
棚卸処理(概要)

帳票サンプル主要画面イメージ

商品登録
商品登録サンプル
入出庫履歴
入出庫履歴サンプル
   
棚卸データ入力 棚卸データ入力サンプル
棚卸一覧表
棚卸一覧表サンプル
   
委託データ入力 委託データ入力サンプル
委託書
委託書サンプル

システム一覧

・売上日次処理/・仕入日次処理/・委託処理/・受託処理/・催事処理/・修理処理/・持出処理/・在庫日次処理/・棚卸処理/・請求処理/・支払処理/・売上月次処理/・売上随時処理/・売上年次処理/・仕入月次処理/・仕入随時処理/・仕入年次処理/・RFIDタグ処理/・商品登録処理



コンピュータムーブ ロゴ 会社概要 | サイトマップ | このサイトについて | 問い合わせ |  ©2005 Computer MOVE Co.,Ltd.